あなたは、
DAMのボイストレーニングを活用しているだろうか?

思った以上に点数が伸びない
自分の弱点を克服したい
このように考えているのであれば、
DAMボイストレーニングは非常に有効に活用できる

スポンサーリンク

ボイストレーニングについて

LIVE DAMシリーズでは、
特に精密採点の得点を上げていこうと思えば、
ボイストレーニングが有効である。

ボイストレーニングは、
音程、リズム、ロングトーン、ビブラート、しゃくり、こぶし
など、
精密採点に必要な技術をほぼ全て習得が出来る。

またその採点もシビアで、
不合格と、
4段階に分けられ、

自分のスキルアップが、
目に見えてわかるようになっており、
また自分の弱点もすぐにわかるようになっている

特に、
このボイストレーニングは、
音程がベースとなっており、
音程を取るのが苦手な人は、
特に練習するのをおすすめする。

また、
ボイストレーニング自体も、
1段階~3段階まで用意されており、
3段階目の特に、
音程の項目になると、
かなり難しいレベルになっている。

例えば、
音程評価で、
80%を超えない人であったり、

総合点が、
90点を超えないような人は、
一度、
精密採点DX-Gの採点を辞めて、
ボイストレーニングを練習したほうがいいだろう。

私の場合は、
初期の頃は、
精密採点よりも、
ボイストレーニングで練習することの方が多かった

精密採点で得点を上げるためには、
地道なトレーニングも必要である。

地道な練習

実際のところ、
歌唱力を上げるということは、
地道な練習の繰り返しである。

ボイストレーニングでいえば、
同じ音程の単調な曲を何度も何度も練習する。

非常に単調でつまらないし、
面白くない。

しかし、
こういった地味な練習が、
実は歌唱力アップの一番の近道だったりする。

私たちは、
出来るだけ楽をして、
大きな結果を得ようとしたい生き物なので、

こういった、
非常に地味で面白くない、
ボイストレーニングなどは、
出来ればやりたくないと思うが、

それでも、
歌唱力自体を向上させようと思うのならば、
必ず必要な練習になってくる。

精密採点の場合、
音程バーが表示されるので、
音程バーをしっかりと見て、
音の調整をすれば、
音程の評価は自然と上がっていくだろう。

終わりに

地味な練習程、
他人がやっていない分、
差がつきやすい部分でもある。

面白くないから、
つまらないからという理由でやらないのではなく、
自分の歌唱力を向上させるために、

本気で精密採点得点アップを狙う人は、
是非繰り返し練習されればと思う。