誰にでも弱点はあるだろう。

カラオケ、
精密採点シリーズで言えば、

リズムを取るのが苦手
音程を取るのが苦手
ビブラートが出来ない
ロングトーンが苦手

などである。

確かに、
弱点があれば、
その弱点が点数を引っ張ることも多い。

だが、
そんな弱点だからこそ
弱点を克服することが出来れば弱点が、
あなたの強み

最大の武器になる可能性があるということに関して、
お話ししていこうと思う。

スポンサーリンク

弱点と強み

精密採点シリーズで、
何度も何度もカラオケをしていると、
自分の長所(強み)と短所(弱点)が分かるようになってくる

例えば私の場合。

私の場合は、
音程を取ることは比較的得意だが、
ビブラートがとてつもなく苦手だった。
(というか、初期の頃はビブラートが全く出来なかった。)

何度も何度も練習しても、
ビブラートを習得することが出来ず、
ずっとA-1ビブラートしか出来ないので、
点数が思うように伸びなかった。

しかし、
精密採点シリーズでは、
高得点を取るためには、
キレイなビブラートをする必要が有り、
(というのも、ビブラートの上手さというのは、
ビブラートの項目だけでなく、
安定性、ロングトーンの項目に深く影響してくるため。)

なので、
精密採点シリーズで高得点、
100点を目指すと決めた瞬間から、
絶対にビブラートの項目で高評価を取ることは、
必要不可欠だった。

ビブラートに関しては、
Youtubeに上がっている、
ビブラートの練習動画を何度も見たり、
そしてLIVE DAMのボイストレーニングの、
ビブラートの項目で何度も練習したり、
そして、実際の曲でも、
何度も練習した。

家の風呂場で、
何度も練習したりして、
身に着けた。

そして、
一度、
ビブラートの項目を身に着けてしまえば、
先ほど言ったように、
安定性、ロングトーンの項目も比例して、
点数は上がるようになった。

また何より、
どんな曲でも
ビブラートを自由自在にかけることが可能となったため
精密採点の得点自体がかなり安定するようになった

そして、
今ではビブラートは私の精密採点シリーズにおける、
最大の強みとなっている。

苦手な項目こそ克服を

あなたにも、
精密採点シリーズで苦手な項目があると思う。

例えば、
音程を取ることが苦手だったり、
私と同じように、
ビブラートが全く出来なかったり。

弱点は確かに、
自分の足を引っ張るものだが、
一度弱点を克服さえしてしまえば、
その弱点は今度は逆にあなたの強みとなり、
あなた自身を守るものとなる。

また、弱点はそこを強化さえしてしまえば、
得点の伸びしろとなり、
克服さえしてしまえば、
大きく点数が上がるポイントでもある。

精密採点シリーズで、
大きく点数を伸ばすためには、
弱点を放置するのではなく、
克服するために、
死力を尽くすことが重要なのだ。