今回は、
精密採点DX-Gで100点を取るために私がしたモチベーション管理について話をしたいと思う。

スポンサーリンク

セビトさんとの出会い

以前の記事でも書いたが、
一番はセビトさんとの出会いである。

セビトさんのカラオケ動画を見て、
猛烈に感動し、
自分も精密採点で100点を取ろうと思った。

セビトさんがいなければ、
私は、
カラオケにここまではまることも無ければ、
精密採点でも100点は取れていなかっただろう。

youtube動画との出会い

モチベーション維持に関して、
他のyoutube動画の存在が大きかった。

youtubeでは、
たくさんの人が、
自分のカラオケ動画を出しており、
中でも、
100点スコアラーの動画は、
私を強く刺激した。

多分、
このサイトに来られている方は、
全員がそうだと思うが、
私も昔からカラオケが好きで好きで仕方が無かった。

しかし、
まさか自分が、
採点カラオケで100点を取ることなど、
不可能だと思っていたし、
100点を目指そうなど、
考えたことも無かった。

しかし、
現実には、
実にたくさんの歌い手が、
100点動画をyoutubeに出しており、
自分の心が大いに刺激された。

自分も努力すれば、
100点に届くかもしれない。

そう思わせてくれた、
youtube動画の存在はモチベーション維持に関しては、
非常に大きかったと思う。

根本的な性格

最後は根本的な性格の問題が有る。

昔から私は、
一度はまれば徹底的にやらなければ気が済まない性格であり、
精密採点に関しても、
どうしても100点を取らなければ引き差がることは出来なかった。

私が、
「まあ別に100点取らなくてもいっかぁ」
という性格であれば、
おそらく90点を取れた時点で辞めていただろう。
(90点でもカラオケ採点では十分なラインである。)

しかし、
私の性格がそれを許さなかった

どうしても100点を取りたかったし、
他の人に出来て自分に出来ないなど、
私自身がそんな自分を許すことが出来なかったのだ。

終わりに

参考になるかどうかわからないが、
まあこんなことが私のカラオケモチベーション維持に繋がっている。

ちなみに、
今の私のモチベーションは、
人がきいても心地よい歌で、
機械でも100点を出すことと、
100点を量産することがモチベーションとなっている。

私にも出来たのだから、
あなたにも絶対に出来る。

絶対にだ。