ロングトーンに関して、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

ロングトーンについて

ロングトーンとは、
音程バーの比較的長いバーを、
どれだけ音を外さずに、
またキレイに音が出せているかである。

ロングトーンと、
後で話をする、
安定性の評価はかなり似通っている部分がある。

ロングトーンのコツは、
長いバーを出来れば一息で、
音をブラさずに、
どれだけキレイに出せるかがコツである。

ロングトーンをしっかり出すには、
複式呼吸であったり、
バーの前で、
しっかりと息を吸えているかなどが、
(ロングトーンの途中で息継ぎをすると、
音がブレるため)
重要となってくる。

ビブラートを有効活用

ロングトーンに関しても、
LIVE DAMのボイストレーニングで練習出来るので、
そこでしっかりと練習しよう。

また、
極力、
ロングトーンの評価される個所を減らすために、
ビブラートをかけれる場所は、
全てビブラートをかけるというテクニックが有効である。

というのも、
ロングトーンの項目に関しては、
1箇所ないし、
数か所、ロングトーンをしていれば、
評価として、十分だからである。

同様の理由で、
ロングトーンのバーを全部歌い切らなくても、
バーの半分くらいまで、
歌えば、
ロングトーンは評価される

ビブラートも同様だが、
無理して、
伸ばすよりは、
バーの途中でも、
音を切って、
次の歌いだしに備えた方が、
全体の評価は上がる。