精密採点シリーズでは、
同じ歌を何度も歌うことも重要であるが、
それとは逆に、
同じ歌だけでなく、
他の曲も練習していくことも重要である。

スポンサーリンク

自分の得意な曲、不得意な曲を知る

いろんな曲を歌うことで、
得られるメリットとしては、
まず、これ。

自分の得意な曲や、
自分の不得意な曲を知ることが出来る。

というのも、
人によっては、
点数の出しやすい曲や、
点数の出しにくい曲が有り、
(例えば、バラード系や演歌系が得意な人もいれば、
アニソン系や、洋楽などが得意な人もいる。)

様々な曲を歌うことにより、
自分の得意な点数の出しやすい曲を知ることが出来るのだ。

当たり前であるが、
自分の得意な曲の方が点数を出しやすく
自分が苦手な曲の場合は、点数が出にくい

点数の出にくい曲を知ることが出来る

二番目がこれ。
点数の出にくい曲を知ることが出来る

点数の出にくい曲としては、
ロングトーン出来る部分が少なかったり
ビブラートをかける部分が少ない曲
リズムが早く
音程バーを捉えにくい曲などが有る。

点数の出にくい曲を練習するよりは、
点数の出やすい曲を何度も練習した方が、
効率よく点数アップ出来るだろう。

たくさんの曲を歌うことで歌唱力自体をあげることが出来る

そして最後にこれ。

たくさんの曲を歌うことで、
歌唱力自体を上げることが出来る

たくさんの歌を歌うことにより、
音程などを取るトレーニングにもなるし、
抑揚のトレーニング
しゃくりやこぶし
ビブラートのトレーニングなど、
様々な曲のトレーニングをすることが出来る。

単純に一つの曲を歌い続けるよりも、
たくさんの曲を歌った方が、
様々なテクニックが身に着く。

終わりに

同じ歌を歌うことも重要だが、
たくさんの曲を歌うことも、
重要である。

特に、
精密採点シリーズを始めてから、
初期の段階では、
自分の得意な曲や、
得意な音程などを知るためにも、
たくさんの曲にチャレンジした方がいいだろう。

ある程度、
たくさんの曲にチャレンジし、
この曲ならいけそう!と手ごたえを掴んだ曲があれば、
徹底して練習していこう。