精密採点シリーズの、
安定性に関して、
話をしていこうと思う。

スポンサーリンク

安定性について

安定性は、
その名の通り、
どれだけ安定して歌を歌えているかどうか。

安定性は、
音程、ビブラート、ロングトーンの評価にかなり影響してくる。

個人的な感覚だが、
音程、ビブラート、ロングトーンの評価が上がってくると、
自然と安定性の評価も上がってくるように思う。

安定性のコツとしては、
その名の通り、
安定して歌を歌うこと

つまり、
かすれた声で歌わなかったり
ロングトーンの部分でしっかりと一息で歌を歌ったり
変なところで、
汚いビブラートをかけなかったりと言ったことが重要になってくる。

意識的に、
音をとぎらさなかったり、
声の震えを無くすように努めることが重要である。

また、
安定性に関しては、
ビブラートをかけられる場所では、
極力ビブラートをかければ、
安定性の評価も安定してくる。

というのも、
ロングトーンの評価ポイントが多ければ多いほど、
声の震えや、息のかすれなどが検知され、
安定性の評価が下がるからだ。

個人的には、
曲の中では、
ビブラートをかけれる場所は、
全部かけるくらいの方が、
安定性の評価も安定するし、
ロングトーンの評価も安定するように思う。